前へ
次へ

私達日本人と生活習慣病のつながり

私達日本人は古くから質素倹約を実施してきたこともあって、 日本人の全体を通じて、栄養失調と考えられている脚気や労咳が危険な病気として太平洋戦争完結まで認識されていました。
いまどきの大きな疾病の癌、さらに 心臓病や脳卒中等はもたらされても日本人トータルの上位ランクの疾病ではありませんでした。
しかしながら、こうした3大成人病と言われている疾病は昭和中ごろからじわじわと上位ランクを占有する疾病と位置づけられるようになっています。
これについては、私達日本人の食事内容が変化した影響が及ぼします。
古くから実行されてきた質素倹約でなくアメリカやヨーロッパ化した食事内容へと変貌を遂げたことにより こうした3大成人病に苛まれる人が拡大することになります。
こうした3大成人病となる率は、ある種の疾患と深く関係と言うことがわかっています。
それは生活習慣病が発生してしまうことです。
生活習慣病により、3大成人病のリスクが高くなります。

none

Page Top